『まんがでわかる クライオニクス論』

(企画)脱 DNAプロジェクト委員会
 (監修)清永 怜信 (原作)橋井 明広
(漫画)高原 玲


脱 DNAプロジェクトから待望の第二弾が出ました。

『クライオニクス論〜科学的に死を克服する方法』の続編であり
主に実用的なクライオニクスの確立のために必要と考えられる技術論を展開しています。





実用化されれば、寿命の概念すら変えてしまうであろう、革新的ではあるが未完成な「生体凍結保存技術」があり、それが「クライオニクス」です。そして、確立され実用化されたクライオニクスは、不老長寿や不老不死といった人類が太古より求め続けてきた願望を、具現化していくための強力な技術的ツールになり得ます。
しかしながら、このクライオニクスの実用化のためには解決しなくてはいけない深刻な問題が複数存在し、これまでとは異なる新しい「解決手段」が必要です。
本作、『まんがでわかる クライオニクス論』では、登場人物である3人の高校生たち が、このクライオニクス実用化のための「解決手段」について探求していきます。


試し読みはこちらまで。








 


『クライオニクス論』

―科学的に死を克服する方法―

(著作) 清永 怜信 (本文イラスト) 月乃

(刊行) ブイツ―ソリューション (発売) 星雲社




脱・DNAプロジェクトが、現代における人間の生死の意味と、
科学技術による人間存在の解決策を初めて世に問う形となった 「クライオニクス論」要約版です。







私たちの脳は、価値創造を続けるユニークな個性の源であり、個体の存在価値を生み出すものである。
もし、私たちの心の所在が脳にあるなら、脳の神経ネットワーク構造を保存することで、
私たちの魂は永遠に生き続けるだろう。 (クライオニクス論より)






Home